×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「面接の心得」転職 就職 ナビ:女性の自立の為の転職 就職 情報

女性のための 転職 就職 ナビ

女性の自立の為の転職 就職 情報の検索ナビ

  
転職 就職ナビ  面接の心得 面接会場での心得 面接時の質問の答え方 入退時の基本マナー 会社別地域別検索


面接試験はだれもが緊張するもの。しかし、前もってきちんと準備を行い、ルールとマナーさえわきまえていれば、それほど身構える必要もないのだ。 以下に面接に臨む際の心構えを 【面接の鉄則6カ条】 としてまとめた。いずれも、あなたらしさを面接官に伝え、面接を上手に進めていくための鉄則だ。 さあ肩の力を抜いて面接に臨もう

◇相手の視線をしっかりと受け止める◇
  まず、面接官の視線をまっすぐに受け止め、堂々と話そう。上まぶたに力を入れ、こめかみ付近の筋肉を心持ち引っぱりぎみにすると、自信に満ちた目が演出できる。

◇明瞭簡潔に答える◇
  一つの質問に明瞭簡潔に答え、次の質問を待つ。先読みした回答では、質問に答えたことにならない

◇過去より未来を訴える◇
 面接官が期待するのは、あくまで未来である。 そのことを念頭に、過去の実績が、その会社の将来にどんなふうに役立つ可能性があるのかアピールしていこう。

◇積極的な印象を与えよう◇
 積極性は言葉だけではなく、機敏な動作や身ぶりによっても表現することができる。言葉もハキハキと小気味よさを印象づけよう。

◇知ったかぶりは失敗の元◇
 分からないことは分からないと答える方が、誠実な印象を与え、結果としてプラスになるだろう。

◇一生懸命が基本◇
 面接の受け答えは、必ずしもスマートである必要はない。 むしろ、多少たどたどしくとも、伝えたいという気持ちが前面に表れる方が、熱意や一生懸命さが感じられて、好印象を与える場合もある。 また、そうした態度からは、誠実な人柄も偲ばれる。こと面接においては派手なパフォーマンスを演じるよりも、飾り気のない純朴なタイプが受け入れられやすい。

女性の自立の為の転職 就職 と個の確立と自信


女性が就職 転職するのは、男女同権・ウーマンキャリアーの全盛といっても、一部に限られなかなか男性と同じ評価をしてもらえません。しかし女性の自立とキャリアは、これからの少子高齢化に入り必要不可欠になってきました。

欧米に多い、キャリアーウーマン(キャリアレディス)に見られるように、IT先進国の日本もその時代に入ってきました。今までのように育児と家庭の守護だけでは、これからの厳しい時代には合わなくなってきています。というより、平均的な文化的生活の維持すら難しい時代が到来しつつあります。

玉の輿にのっていけるなら別ですが、そもそも昔と違って、社会背景が変わってきており、今までの常識が通用しない、個の自立と社会のトレンドを認識できる目を養っていかなければなりません。

美容 専門 学校・医療 専門 学校その他各種 専門 学校が大賑わいで、特に最近は女性が多いのも特徴です。女性のシェフ・ホテルコンソルジェやプロのバーテンダーも最近良く見かけます。それだけ女性のアイデンティティが向上してきたあかしと思います。

これからますます優秀な女性が、各分野に進出できる機会も多くなる時代となってきており,まさに女性の個の確立の追い風ともなってきています。 それが貴女の大事な未来を作る基本的な要素であると思います。

女性の自立の為の転職 就職 を有利にバックアップする情報book

採用される転職者のための面接トーク術―モデル応答例付き 転職の青本 自分の会社をつくるということ 受かる!英語面接 [CD付] 魔法の質問50―あなたの適職が90分でわかる
採用される転職者の
ための面接トーク術
―モデル応答例付き

by 小島 美津子
¥ 1,365
転職の青本
by 小松 俊明
¥ 1,365
自分の会社を
つくるということ

by 経沢 香保子
¥ 1,365
受かる!英語面接
 [CD付]

by ロッシェル・カップ
¥ 2,520
魔法の質問50―
あなたの適職が
90分でわかる

by 滝本 新
¥ 1,575
 貴方の転職 就職活動を必ず成功させ、個の確立と自信を創る情報ツール⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒アイデンティティのフォローアップ

女性の転職 就職を勝ち取る為の情報ツール

■斡旋機関■ 人材銀行や民間の人材斡旋機関に登録しておき、企業から声がかかるのを待つ方法もある。 公的な人材銀行は中高年齢を対象に管理職、技術職、専門職を無料で紹介してくれる。民間の斡旋機関はキャリアを積んだ人が対象となる。労働省の認可を受けた人材紹介会社は全国に3000社以上。電話で登録できるところもあるが、直接担当者に希望を伝える方がいいだろう。

■ハローワーク(公共職業安定所)■ 無料で、全国の求人情報をコンピュータで検索できる。閲覧は自由だが、会社名が伏せてあるので事前の会社チェックには利用できない。選んだ会社には担当者が連絡を取り、会社と求職者双方がOKなら、面接の調整をしてくれる。 担当者が親身に職探しの相談にのってくれるのも心強い。U・Iターン専門の窓口を持つハローワークもある。

■人脈・口コミ■  友人、知人、親戚など人的つながりも、有効な情報源となる場合が多い。希望の業界や企業に詳しい人がいれば、生の情報が得られる。 知人や友人のつてを利用して複数の人に話を聞き、参考にするというのも有効な手段だ。また、身近に転職経験者がいれば話を聞いてみよう。業界特有の癖や縁故入社の有無など、口コミならではの情報が得られるかもしれない。

(リクルート社のリクナビより参照)


会社研究や情報収集から本格的な転職活動がスタートします。新卒の就職活動なら学校からの指導もあるけれど、転職の場合は、自ら積極的に行動していく必要がある。現状の業務をこなしながらの作業は楽ではないはずだ。 限られた時間の中で意中の転職先を探すためには、まず効率的な情報収集術を身につける事から始めよう!

■求人情報誌■ 業界別や職種別に分類されているため、比較検討しやすいというメリットもある。 同業界の会社の情報を比較し、求められている技術分野や給与の相場感をつかむことも大切

■新聞■  情報の新鮮さ、身近さが新聞のメリット。経済新聞なら金融、スポーツ新聞なら飲食関係、英字新聞なら外資系と、新聞ごとに求人広告を掲載している企業にも特色がある。 適切なものを求めよう。U・Iターン希望者なら地方新聞を入手して、地方の求人を調べる方法も有効だ。宅配の新聞に挟み込まれる折り込み広告は、地元企業の求人が中心に掲載されている。

■経済誌・業界誌■   求人情報誌ほど注目度は高くないが、経済誌・業界誌にも多数の求人情報が掲載されている。経済の動向や業界のトレンドを追いながら企業情報が収集できる点がメリットだ。 また、業界誌の場合は異業界・異業種の情報を得るためのツールとしても活用できる。ローカル版の経済誌もあるので、地方での就職の際には目を通しておきたい。

■会社案内■   会社案内や入社案内などの資料を請求して会社研究をしよう。求人広告を掲載している企業なら広告の連絡先に直接請求する。 年商、経営方針、扱っている商品など、その会社を知るには欠かせない資料だ。また、その時点では求人を行っていない企業であっても、意中の企業や気になる企業には請求してみるといい。接点をつくることにもなる。

■インターネット■ 企業のホームページには、経営者や人事からのメッセージ、商品などの詳しい会社情報が掲載されている場合が多く、会社研究に有効だ。 在職中で転職活動に時間が取れない人には24時間アクセス可能という点もありがたい。職種や勤務地などの希望条件で検索できたり、掲載企業へのエントリーが可能なサイト「リクナビNEXT」
(http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/)を活用する方法もある。

Copyright (C) 2006 転職 就職 ナビ:女性の自立の為の転職 就職 情報 All Rights Reserved.