×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

面接時の入退時の基本マナー:女性の自立の為の転職 就職 情報

女性のための 転職 就職 ナビ

女性の自立の為の転職 就職 情報の検索ナビ

  
転職 就職ナビ  面接の心得 面接会場での心得 面接時の質問の答え方 入退時の基本マナー 会社別地域別検索

<<入退時の基本マナー>>

<基本中の基本>

遅刻は厳禁。やむ終えない場合は、事前に連絡する。

会社に一歩踏み入れた事典で選考が始まっている。

控え室では静かに待つ新聞を見たり喫煙は、厳禁。

入室、着席、退出時の挨拶を忘れずに。

<受付での応対>

■大前提として、絶対に遅刻しないこと。
面接という大事に遅刻するようでは、時間にルーズと思われてもしようがない。
ただし、電車の故障などでやむを得ず遅れそうなときは、必ず電話を入れること。

■応募先の会社に着いたら、まず受付で訪問の趣旨を伝え、担当者への取り次ぎをお願いする。
ここでの対応ぶりも鋭くチェックされることが多い。ここでのミスがすぐに選考の担当者に伝わるのはまず間違いない。
企業に一歩足を踏み入れたときから、すでに面接は始まっていると考えるくらいの方がいいだろう。

■これはすべての場面でいえることだが、準備が整っていない状態で、行き当たりばったりに応対する人が、
チェックされてしまうのである。 担当者の名前を確認しておく、あせらなくてもいいように5分前には会社に入っている、
書類の入った袋を事前にカバンから取り出し、手に持っておく。
こうした、ちょっとした準備と心掛けさえあれば、ミスは十分防げるはずだ。

<控え室でのマナー>

■迎えの人に案内されて、面接の控え室に入ったら、先客に迷惑をかけないよう、静かに席に着いて、
持参した資料などに目を通しながら順番を待つ。
間違ってもスポーツ新聞などをひっぱり出してはいけない。
めくるときのガサゴソという音を考えれば、一般紙も避けた方が無難だ。

■そして、忘れてはならないのが携帯電話の電源を切るか、マナーモードに設定しておくこと。

■なお、喫煙者は、控え室に灰皿が置いてあってもここはじっと我慢すべき。
面接官が見ていないからといって、態度をゆるめてはいけない。控え室での行動も逐一人事に伝わっていることがある。

<入退出のマナー>

■面接室への出入りの仕方も、マナーが試される大事なポイント。
基本的な流れはチャート図の通りだが、入室時には、軽くドアをノックし、「どうぞ」の声が掛かってから開ける。
面接室に入ったら静かにドアを閉める。 このときは、ドアの方に向き直ること。後ろ手で閉めるのはよくない。

■面接官の方を見て、その場で一礼。椅子の脇に歩み寄ったら、さらに一礼する。
「よろしくお願いします」とこのときにいうのもいいだろう。椅子に座るのは、「どうぞ」と勧められてから。

■面接中の姿勢は、背すじを伸ばし、手は軽く両ひざに乗せておく、というような姿勢が望ましい。
身ぶり手ぶりは大げさにならない程度に。

■面接が終わっても、気を抜いてはいけない。
退出するときにもマナーはある。まず、椅子の脇に立って一礼。
「どうもありがとうございました」と言葉を添えてもいい。 さらにドアのところでまた一礼してドアを開ける。
ドアは静かに閉めるよう、最後まで注意を払うこと。

<入退出時の基本マナー>

ノックは2回が普通  ⇒ 「どうぞ」の声で入室 ⇒ 一礼 ⇒ 「よろしくお願いします」と一礼 ⇒ 

「どうぞ」といわれてから着席 ⇒ 面接 ⇒ 起立 ⇒ 「どうもありがとうございました」 ⇒ 

一礼 ⇒ ドアのところで再び一礼 ⇒ ドアを閉めて退室

女性の自立の為の転職 就職 と個の確立と自信


女性が就職 転職するのは、男女同権・ウーマンキャリアーの全盛といっても、一部に限られなかなか男性と同じ評価をしてもらえません。しかし女性の自立とキャリアは、これからの少子高齢化に入り必要不可欠になってきました。

欧米に多い、キャリアーウーマン(キャリアレディス)に見られるように、IT先進国の日本もその時代に入ってきました。今までのように育児と家庭の守護だけでは、これからの厳しい時代には合わなくなってきています。というより、平均的な文化的生活の維持すら難しい時代が到来しつつあります。

玉の輿にのっていけるなら別ですが、そもそも昔と違って、社会背景が変わってきており、今までの常識が通用しない、個の自立と社会のトレンドを認識できる目を養っていかなければなりません。

美容 専門 学校・医療 専門 学校その他各種 専門 学校が大賑わいで、特に最近は女性が多いのも特徴です。女性のシェフ・ホテルコンソルジェやプロのバーテンダーも最近良く見かけます。それだけ女性のアイデンティティが向上してきたあかしと思います。

これからますます優秀な女性が、各分野に進出できる機会も多くなる時代となってきており,まさに女性の個の確立の追い風ともなってきています。 それが貴女の大事な未来を作る基本的な要素であると思います。

女性の自立の為の転職 就職 を有利にバックアップする情報book

採用される転職者のための面接トーク術―モデル応答例付き 転職の青本 自分の会社をつくるということ 受かる!英語面接 [CD付] 魔法の質問50―あなたの適職が90分でわかる
採用される転職者の
ための面接トーク術
―モデル応答例付き

by 小島 美津子
¥ 1,365
転職の青本
by 小松 俊明
¥ 1,365
自分の会社を
つくるということ

by 経沢 香保子
¥ 1,365
受かる!英語面接
 [CD付]

by ロッシェル・カップ
¥ 2,520
魔法の質問50―
あなたの適職が
90分でわかる

by 滝本 新
¥ 1,575
 貴方の転職 就職活動を必ず成功させ、個の確立と自信を創る情報ツール⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒アイデンティティのフォローアップ

女性の転職 就職を勝ち取る為の情報ツール

■斡旋機関■ 人材銀行や民間の人材斡旋機関に登録しておき、企業から声がかかるのを待つ方法もある。 公的な人材銀行は中高年齢を対象に管理職、技術職、専門職を無料で紹介してくれる。民間の斡旋機関はキャリアを積んだ人が対象となる。労働省の認可を受けた人材紹介会社は全国に3000社以上。電話で登録できるところもあるが、直接担当者に希望を伝える方がいいだろう。

■ハローワーク(公共職業安定所)■ 無料で、全国の求人情報をコンピュータで検索できる。閲覧は自由だが、会社名が伏せてあるので事前の会社チェックには利用できない。選んだ会社には担当者が連絡を取り、会社と求職者双方がOKなら、面接の調整をしてくれる。 担当者が親身に職探しの相談にのってくれるのも心強い。U・Iターン専門の窓口を持つハローワークもある。

■人脈・口コミ■  友人、知人、親戚など人的つながりも、有効な情報源となる場合が多い。希望の業界や企業に詳しい人がいれば、生の情報が得られる。 知人や友人のつてを利用して複数の人に話を聞き、参考にするというのも有効な手段だ。また、身近に転職経験者がいれば話を聞いてみよう。業界特有の癖や縁故入社の有無など、口コミならではの情報が得られるかもしれない。

(リクルート社のリクナビより参照)


会社研究や情報収集から本格的な転職活動がスタートします。新卒の就職活動なら学校からの指導もあるけれど、転職の場合は、自ら積極的に行動していく必要がある。現状の業務をこなしながらの作業は楽ではないはずだ。 限られた時間の中で意中の転職先を探すためには、まず効率的な情報収集術を身につける事から始めよう!

■求人情報誌■ 業界別や職種別に分類されているため、比較検討しやすいというメリットもある。 同業界の会社の情報を比較し、求められている技術分野や給与の相場感をつかむことも大切

■新聞■  情報の新鮮さ、身近さが新聞のメリット。経済新聞なら金融、スポーツ新聞なら飲食関係、英字新聞なら外資系と、新聞ごとに求人広告を掲載している企業にも特色がある。 適切なものを求めよう。U・Iターン希望者なら地方新聞を入手して、地方の求人を調べる方法も有効だ。宅配の新聞に挟み込まれる折り込み広告は、地元企業の求人が中心に掲載されている。

■経済誌・業界誌■   求人情報誌ほど注目度は高くないが、経済誌・業界誌にも多数の求人情報が掲載されている。経済の動向や業界のトレンドを追いながら企業情報が収集できる点がメリットだ。 また、業界誌の場合は異業界・異業種の情報を得るためのツールとしても活用できる。ローカル版の経済誌もあるので、地方での就職の際には目を通しておきたい。

■会社案内■   会社案内や入社案内などの資料を請求して会社研究をしよう。求人広告を掲載している企業なら広告の連絡先に直接請求する。 年商、経営方針、扱っている商品など、その会社を知るには欠かせない資料だ。また、その時点では求人を行っていない企業であっても、意中の企業や気になる企業には請求してみるといい。接点をつくることにもなる。

■インターネット■ 企業のホームページには、経営者や人事からのメッセージ、商品などの詳しい会社情報が掲載されている場合が多く、会社研究に有効だ。 在職中で転職活動に時間が取れない人には24時間アクセス可能という点もありがたい。職種や勤務地などの希望条件で検索できたり、掲載企業へのエントリーが可能なサイト「リクナビNEXT」
(http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/)を活用する方法もある。

Copyright (C) 2006 転職 就職 ナビ:女性の自立の為の転職 就職 情報 All Rights Reserved.